こんにちは、塾長の河合です。
本日、近隣の岐阜新聞・中日新聞に当塾のチラシを折り込みさせて頂いています。
少し早いですが、夏期講習の宣伝と新規生の募集です。
それと同時に今日から3週に渡って日曜日を開校し、
中学生のテスト対策を始めました。

毎回の事ですが、1人1日平均4時間以上で計8時間以上の学習時間を確保します。
『こんな長い時間集中力が持つんですか?』
とよく塾生からも保護者様からも聞かれますが、
今日出席した塾生は、やり切って帰りました。

ある秘訣があります…

それは…

短く時間制限を設けることです!

これには、タイマーを使うと良いです!

私はこれを『15分勉強法』と呼んでいます。
その内容は、
① 時間制限を10分にして、まず音読して必死に暗記する!
② 10分たったら必ず5分休憩する。必ずですよ!
③ 暗記する範囲までこのサイクルを続けます。
④ 一通り音読で暗記したら、書いて覚えるスタイルに変え、
 同じように10分間やり、5分休憩します。

この勉強法であっという間に1時間、2時間…と過ぎていきます。
また、暗記科目や苦手科目を勉強する時に特に有効です!
暗記科目を勉強する場合は、
①~④を2セット行うと80パーセント以上覚えられます!
それでも覚えきれていない部分は、
その部分のみもう1セットやるとほぼ完ぺきに覚えられます!

このように、勉強する時間と休憩する時間をしっかり時間制限して行うと、
とても効率の良い学習ができますので、ぜひ参考にしてみて下さい。