こんにちは、塾長の河合です。
ゴールデンウイークもあっという間に終わってしまいましたが、皆さんはどう過ごされましたか?
『部活の練習、遠征や大会だった』『家族で出かけた』などなど塾生達は色々です。
当塾は長い休校となったので中学生には個々に課題を出し、
どれくらい取り組めたのかを管理画面を見ながら個々に確認していきました。
出されたものをすべてやり切った塾生もいれば、ほとんど手が付けられなかった塾生もいました。
学校からはゴールデンウィークの宿題も出ていたので、そっちで精一杯だった塾生もいますし、
毎日部活のあった塾生もいたのは事実です。

『なぜ休みなのに、勉強しなければいけないの?』
こう思った塾生がほとんどだろうと推測します。
仕事をしている大人にとってみれば、
『なぜ休みなのに、仕事しないといけないんだ?』
と思う事と同じです。

しかし、今月末から来月にかけて前期中間テストがあるのは変えられない現実。
このテストにかける目標意識の差が課題をやりきろうとする行動力の差だと考えます。
この一つ一つの行動の積み重ねは、仕事をするようになった時に生かされる経験値にもなるので、
歯を食いしばって励んでほしいですが…中学生にそこまで理解させ、納得させるのは至難の業です。

普段コツコツと励んでいるのであれば、『休みの日は休む』というのも良いでしょう。
これはこれで上手く切り替えられていると思います。

ですので、取り組もうとした塾生には課題が終わらなかった事に対してペナルティを与えるような事はしません。
定期テストまでに対策を練り直せば、まだ十分間に合います。

問題は、
私:『この単元は必ずやってきてね!』
塾生:『やってきます!』
と約束したにも拘わらずまったく守れなかった塾生です。

これは過去の記事にも書きましたが、向上心の低下が考えられるからです。

成績が上がるか停滞するかの分かれ道

条件③向上心があるか?

点数を爆発的に上げるためには、向上心が必要不可欠です。
ということで、明日から本人とじっくり話していく必要があるなと思ったりもしました。

また、定期テストに向けて塾をお探しの方のご相談も随時受け付けております。
少しでも当塾を気になった方であれば、お気軽にご連絡下さい。
電話でも、メールでも大丈夫です。

【TEL】058-372-3751
【mail】info@hashima-showin-masaki.com