こんにちは、塾長の河合です。
今日は暖かいですが、明日以降はまた冬らしい寒さが続くようです。
当塾では期末テスト前にバタバタと風邪やインフルエンザで体調を崩す塾生が、
何人か出ました。受験生は引き続き、体調管理に細心の注意をして下さい。

今週は嬉しい報告が続いています。
まず、当塾の中3生は全員私立高校への合格を手にしました!
おめでとう!

そして、私が以前働いていた塾で指導していた高校生2人が、
大学に合格したと電話で連絡をくれました!
本当におめでとう!

実は2人とも普通科進学校ではありません。商業高校の生徒です。
今は、商業高校や工業高校等でも進学する割合は半分以上というのが現状です。
しかしながら、普通科高校の生徒達と同じように一般受験をするわけではありません。
多くの場合が推薦で大学進学をします。
何となく予想できるかもしれませんが、誰でも推薦で進学できるわけではありません。
やはり、中学生と同じように内申点が必要になります。
高校の内申はほぼ定期テストの点数で10段階評価されます。
その内申点を高校3年生までで平均して、推薦で行けるかどうかという判断になります。

ちなみに現段階での大学入試制度の推薦は、
各高校ごとに決まった人数を募集する指定校推薦と大学側が全国に一般募集する公募推薦の2種類です。
いずれも学校長の推薦が必要となりますので、学校生活態度も良好でなければなりません。

現中3生は、目先の志望校に合格する事で頭がいっぱいでしょうが、
大学進学を視野に入れている場合は、推薦で大学進学をする事も考えておいて下さい。
特に2020年に大学入試改革があるので一般入試の受験はどうなるかまだわかりません。
ですから、高校進学後も自分の将来のために励んで下さい。もちろん就職するにしてもです。

当塾は、大学進学までしっかりサポートして行きますよ!