こんにちは、塾長の河合です。
台風の影響ですっきりとしない天気が続きますが、
あの残暑厳しい日々から少し涼しさを最近は感じるようになりましたね!

突然ですが小中学生のお子様がいらっしゃるご家庭の保護者様は私立高校ってどんなイメージでしょう?
中3生のお子様がいらっしゃるご家庭だと学校の進路懇談の際に、私立高校の話が出ると思いますが、

『私立高校は公立の滑り止めでしょ?』
『公立高校が受けられない成績の時に考える高校』
『授業料が高いだけ』

こんなイメージがまだ強いのかなと感じます。
実際に私が高校受験の際は、こういうイメージでした。
しかし、昨今状況が変わってきています。
今や私立高校の中堅大学以上の進学率は、かなり高くなってきています。
都心部では、こういう状況は当たり前となていますが、岐阜県も徐々に変化しているのです。
また、経済負担もご家庭の状況によっては、公立高校と変わらない様な場合や
給付型奨学金制度を利用すると公立よりも負担なく進学できる場合もあります。
そして、私立高校ならではの学科や強みもあります。
ここ何年かの私立高校の入試説明会に参加をさせて頂くとそんなふうに感じます。

大げさに言えば、『高校進学の選択肢は公立高校だけを考えていては時代遅れ』
将来の事を見据え自分にとって公立高校が最適なのか?私立高校が最適なのか?を選択する時代です。

こんなことを踏まえて当塾では、塾生達の進路指導を行っていきます。
学校の懇談では時間も限られている為、なかなか聞けなかったり相談できない事も
当塾では年に数回行う保護者面談で解決させて頂きます!