こんにちは、塾長の河合です。
中3生の塾生と希望する保護者様を対象に行ってきたカウンセリングは、
今週で終えました。
お心遣いも頂いたりと本当にありがとうございます。

さて、今回のカウンセリングを通じてわかった事があります。
それは、自宅での学習環境と向かい方です。
松陰塾のシステムでは、おのおのの塾生が、
自宅学習した時間や内容を私が把握できる様になっています。

ですが、さすがにどのような学習環境の中どういった様子で
勉強に向かっているのかといった事までは、
保護者様に聞かないとわかりません。

当塾は平日通い放題コースが塾生の主力となっておりますが、
毎日塾へ来る事もあり基本的には宿題を土日祝用にしか出しません。
(週2回の塾生は別ですが。)
しかし、中3生に至ってはそんな事も言っていられません。
受験まで半年を切っており、
毎月学校の定期テストや実力テスト、
岐阜新聞テストなどで志望校合格ラインを
テストの度に思い知らされてしまいます。

直前に焦って勉強し始めても手遅れです!

だから今この瞬間、1日1日の積み重ねが大事なんです!

『家ではやる気になれない…』
『集中して勉強できない…』
なんて言っている場合ではもはやありません。
いかに危機感を持っているのかが問われます。

この時期の受験生が自宅で学習する時間は、
1日4時間以上を目安にすると良いです。
当塾では、数学や英語を主軸に指導をしていますので、
自宅学習の内容としては、
①学校の宿題:1時間
②塾でやったことの復習:1~2時間
③理科(受験対策):1時間
④社会(受験対策):1時間
という時間配分と順番にすると良いです。
また、ただ漠然とやっていては、
『今日何が出来るようになったか?』という達成感がないので、
各教科ごとにその日の目標を決めて進めましょう!
例えば、
理科は『電流の計算が出来る様になる!』
社会は『江戸時代の出来事をを暗記する!』
という様な具合です。

学習時間はまとめて時間を確保するのではなく、
夕食までの間やお風呂に入るまでの間の
ちょっとした隙間時間を上手く活用してほしいと思います。
たった15分でも半年間毎日続ければ、相当な時間差になります。
受験までの時間は誰にでも平等に与えられているため、
1分1秒でも惜しいという感覚を持ってほしいです。

何よりも
『あの時もっと勉強しておけば良かった…』
という後悔だけはしてほしくないですね。