こんにちは、塾長の河合です。
朝から色々な方にお祝いのメッセージを頂いて、感謝感激です。
また一つ年を重ねてしまいましたが、年齢に負けないアクティブな自分でありたいです。

さて、実は昨日とても嬉しい事がありました。
去年、中3生から転塾してきた塾生が高校生になり、初めての定期テストを先日終えました。
昨日からそのテストが返却されてきたそうですが、

なんと

数Ⅰ 100点

そして

数A 100点

とダブルで満点の解答を持って来てくれました!

素晴らしいっ!!!この余韻を2人で分かち合いました。
本人もかなり喜んでいましたが、私はそれ以上にものすご~く嬉しかったです☆彡
(言葉で表現できないくらいに)
これまでの指導経験の中で、同時に満点は初です。
しかも、この塾生は通う高校の部活の中では、ハードな部に入部し、
平日は19時半、土日はもちろん、テスト期間中も練習があったくらいです。
『本当によくやったね!おめでとう!』

ちなみに、中学生以下の皆さんは
『えっ?!高校の数学のテストって2つあるの?』と思った人もいるでしょう。
そうなんです。
普通科高校に通う生徒は、数学だけでなくほとんどの教科が2科目以上になります。
中学生でいう、社会が『歴史、地理、公民』と別れているのと同じです。
そして、どの科目も中学生で学習する内容がベースとなりますので、
中学生の勉強をおろそかにしないようにしましょうね!