こんにちは、塾長の河合です。
昨日は公立高校一次選抜の合格発表でした。
朝から電話がかかってきても良い様に待機していましたが、一向にならず…
不安が募る一方…当塾へ来てみると…

なんと転送電話設定になっておらず(笑)
着信履歴がちゃんと残っていました。

さて、これで塾生達の進路は決まりました。
また、進路決定した中3生の皆さん、受験勉強本当にお疲れ様でした。

そして、ここからがまた新たな始まりです。
少し前に大学の推薦入試の話をしましたが、
普通科高校に通う生徒の多くは筆記で大学受験を戦う事になります。
現行では、筆記で受験する場合に高校内申点は関係ありません。
偏差値だけが合否の目安になります。

高校入学時は、偏差値に差がなくてもその後の学習量の差で偏差値に大きく差がつきます。
一度ついてしまった差は、挽回するのに中学校の時と比べ物にならない程大変です。

ですから、高校から出た課題には真摯に取り組んで下さいね。
もうすでに次のステージのスタート台に立っているわけなので。

当塾では、すでに高校の予習に入っている塾生もいます!
大学受験までしっかりとサポートしてきますので、気になった方は塾長河合までお問い合わせ下さい。